無料ダウンロード
究極の英語学習法
モニター募集
個人レッスン
管理者ブログ
プロフィール
PC用サイト
スマホ用サイト
英語学習者の広場
理想的な端末とアプリ
  英語はディープラーニング
教師の要らない英語学習

英語を話すなら、英語を反復練習をして忘れないように覚える事です。つまり脳の学習の仕組みであるディープラーニングで学習することが重要です。


ソーシャル・ラーニングで練習を増やす
そしてその覚えた英語を学習仲間と実際に使って見る事です。英語学習者がお互いに助け合う、英語学習者の広場を設けました。学習仲間と覚えた英語を話す事により、英語学習が楽しい体験となります。


英語はディープラーニング
  音声は連続的に変化する音のストリーム
音のストリーム理論とは
英語の音声は音素列かストリームか
人間の音声とは  
音声が音のストリームである科学的証拠   
英語音声を聞く時は錯覚に気付く  
発音は音のストリームの特徴の類似性を真似る  
臨界期を過ぎると真似するのは容易でない  
英語音声は音の動的変化を捉える  
音声の動的要素と静的要素  
英語のカタカナ発音は弊害が多い  
  ニューロネットワークの最適性理論と各種学習
最適性理論(Optimality Theory)とは
各種学習理論と脳の関係
最適性理論の強化学習  
強化学習の特徴   
英語学習と学習理論  
カオス理論とニューラルネットワーク   
ニューラルネットワーク  
  音声英語学習方法のその利点と弱点を解説
英語耳の松澤喜好氏の大きな間違い
英語のフォニックスのアプローチとは  
英語のホール・ランゲージのアプローチとは   
英会話学習はフォニックスかホールランゲージか  
先生は英語ネイティブか日本語ネイティブか  
英語教育でエマージョン教育の是非  
外国人力士の日本語習得方法  
英会話と近代的な学習理論  
音声の周波数(パスバンド)は日本語も英語もそれほど変わらない  
  英語教育方法と教材と言語の歴史
19世紀までの古典的な英語学習方法
20世紀の現代的な英語学習方法  
日本の英会話学校の歴史   
日本の英会話学習媒体の歴史  
英会話学習や学習媒体の歴史から何を学ぶか  
人類の話し言葉や言語はどう始まったのか  
プロト言語から相対音感の近代言語へ  
英語の発音は歴史と共にダイナミックに変わる  
英語は長い歴史があり複雑な構造を持つ  
  音声英語の能力をつけるためにはどうすべきか
英語も日本語も言語は複雑で多面性を持つ
英語は日本語より多様性がある  
音声英語(話し言葉)と文字英語(書き言葉)は違う   
英会話能力別の効果的学習方法  
英会話力を正しく評価するには  
英語学習に簡単な方法は無い  
教育再生の核心は基礎反復にある  
秋田県に標準語を話す村がある  
英会話を学ぶなら正統派英語をめざす  
安易な手法を選ぶニューロ・エコノミクス  
効果的英会話学習の選択には学習者力が必要  
  音声英語を習得するための大脳と記憶の関係
音声英語教育技術の遅れている理由
現代の科学的筋トレから学ぶ効果的音声英語学習方法   
音声英語学習効果を上げるにはフィードバックを生かす    
子供はどうやって言語を習得していくのか  
第二言語習得理論(SLA)  
最適性理論の第二言語習得  
暗唱と復唱をそれぞれ使い分ける  
効果的に英会話学習をするためには情感や精神面も重視すべし  
音声英語学習も習熟すれば脳は省エネに  
英語を話すための脳の部位と働き  
音声と文字のMental Lexicon(心内辞書)  
英語は発音できても聞きとれない  
脳はカオス的振る舞いをする  
  理想の英会話の学習方法とは何か
晴山陽一氏の究極英語学習法の誤り  
 英語が話せない理由とは    
音声英語学習で買えるものと買えないもの    
音声英語学習で効果的なアプローチはある     
音声英語学習をする最終的な目標は何か    
音声英語学習で数値を目標にしない    
音声英語習得の初期には同質のものを大量に    
音声英語学習はシングルタスクで    
大脳生理学の教科書には英語脳は無い    
英語脳や英語耳や英語口や英語舌は存在しない    
英語学習は英語回路の獲得ではない    
効果的な音声英語習得は発音を軸に    
英会話の学習は音のストリームの記憶から    
ネイティブのように英語で話すなら日本語を英語に訳さない    
英語で話す場合も考えるのは思考言語    
英会話は音や文章を「素」に分解して覚えない    
効果的音声英語学習方法とは    
  音声英語学習のインプットとアウトプットの関係
音声英語学習のインプットとアウトプットとは
音声英語学習で量を前提としない  
音声英語学習には記憶の原理と記憶の技法を活用   
英語の映画を1,000本見たら  
興味の持てる継続性のある音声英語学習方法を選ぶ  
英語を覚えるならルールで覚えない  
英語の語彙力をつけるための最善策  
  英語発音の練習はどのような方法が最も効果的か
英語発音の反復練習の落とし穴
英語の発音記号と実際の発音の違い  
英語の音声学と英語の音素について   
英語発音教育と調音音声学の限界  
英語の音声を言語や記号で記述するのは不可能  
英語の発音は聞く能力に依存  
英語発音の多くの誤解  
英語の発音練習と発音矯正の違い  
日本語を基本に英語の発音を知る  
日本人の英語発音の弱点  
英語の発音フィードバックを使う  
英語発音の判断は自分でするしかない  
英語の音声分析結果はどう使えるか  
英語の発音分析ソフトは使わない  
英語の発音教材のジレンマ  
シャドーイングと音読の非科学性   
コピーイングが抱える大きな問題  
英会話に歌で覚えるのは効果的ではない  
  音声英語は何故これ程リスニングが難しいのか
自然な英語はどこまで聞き取れるか
モーター・セオリーとミラーニューロン  
英語の聞き分けと筋肉運動の記憶   
英語の音声認識は音のストリーム・ベース  
英語を発音できても聞き取れない   
自然な英語のリスニング練習  
英語の音の切り出しと聞き取りの特徴  
英語音声のリスニングのポイント  
英語のリスニングとリーディングの関係  
英語のディクテーションとリスニングの使い分け  
  音声英語の習得に関するり気になる話題
イングッリシュ・モンスターの勉強方法 
 フラッシュイングリッシュの大きな問題点  
社内英語公用語化をうまく利用する  
聞き流し教材のスピードラーニングの実体調査    
グロービッシュ(Globish) は実用的か  
学ぶなら米国英語か英国英語か  
音声英語学習の年齢的限界はあるのか  
現在の音声合成技術の現実  
本当のバイリンガルは存在しない  
小学校英語教育には目的を持て  
子供の英語教育で期待を持ち過ぎるな   
小学校英語教育で優先させるべきもの  
早期英語教育の弊害   
機械翻訳と翻訳ソフトの仕組み   
自由会話の自動通訳機は夢のまた夢  
暗記しない、勉強しないは、信用しない  
HOME最適性理論とは教材オンラインショップ特定商取引法の記載Facebook実践者ブログ
Copyright(C) 2011 最適性理論で英語学習 All Rights Reserved